切らない作り帯

着付けに2分。
着物をラクに着られます。

「さくら造り帯」の切らない作り帯

彩美工房は、2分で着付けができる「さくら造り帯」の魅力を皆様にお伝えしております。

特徴

  • どなたでも2~3分で帯が結べます。
  • ハサミを入れないので、糸止めを解けば元の帯に戻せます。

例えば、こんな方に特にオススメしております。

  • 帯の結び方をよく知らない…
  • 肩が痛くて腕が上がらない…

彩美工房での切らない作り帯のオーダーについて

彩美工房で実際に、この切らない造り帯をご依頼いただく場合には、以下のようにオーダーを承っております。

STEP1帯を選ぶ

まず、直したい帯を選びます。

お手持ちの帯から、直したい帯を選定します。

もちろん当社のお勧めは、「あなたの一番のお気に入りの帯」ですが、「柄がうまく出ない帯」や「硬くて結びずらい帯」等、それぞれの帯の特徴を見極め、お客様のご意向に沿って作り帯制作のためのアドバイスをさせていただいております。

STEP2仕立てを相談する

作り帯の仕立てのご意向を細かく伺います。

お客様の年代・体型を考慮し、お太鼓の大きさ・胴巻きの折巾と長さを調整しお仕立て致します。

ポイント柄で、柄出しが難しい帯でも、前柄を中央にもってくることができます。

さらに、ふくよかな方、帯が短い場合には、「足し布」をして着装を可能にします。

さくら作り帯を彩美工房でご依頼の方へ:名古屋帯など3種類の違った帯の画像

色々な種類の帯から、素敵な作り帯が出来上がります!

例えば、特徴のある「袋帯」や「名古屋帯」も作り帯にすることができます。

正装には「二重太鼓」、しゃれ物には「銀座結び」、若いお嬢様には「ふくら雀」等バリエーションも豊富です。

作り帯(造り帯)が誕生した理由

どんな方でも、一人で簡単に着付けることができるようにしたい。

東京都調布市にある株式会社さくら着物工房 主宰 鈴木富佐江(すずきふさえ)さんが考案した「さくら造り」帯(特許第3660671号)を彩美工房でお求めいただけます。

この造り帯が誕生した経緯は、とても興味深いものです。

ご自身が重い病気を患い、後遺症と戦う中で「一人でも着付けが簡単にできるようになりたい」との思いから考案されたのです。

ご自身の病気から形になった造り帯は、着付けに不慣れな方や、面倒だと感じられる方に着付けが簡単になるという、とても大きなメリットを与えてくれるのです。

着付けに必要な時間はたった2分。この造り帯は、彩美工房でお求めいただけます。

さらに、今あなたがお持ちの帯を切ること無く造り帯に作り変えることが可能です。

興味をお持ちの方は、ぜひ一度、彩美工房にご相談ください。

私に病気の神様が脳梗塞で右手に後遺症と言う不自由なチャンスをくれたのかもしれません。「不自由は発明の母」障害があってもなくても誰でも着物が着られます。

帯結びが出来なくなった時私は「もう一度着物が着たい!」という強い思いから「さくら造り」帯を考案出来ました。お手持ちの帯を切らずにたった2分で着付けられる「さくら造り」帯が誕生しました。

開発者:さくら着物工房 主宰 鈴木富佐江先生による誕生エピソード

彩美工房は「さくら造り帯 ®︎」の正規代理店です。

さくら着物工房 主宰 鈴木富佐江
さくら着物工房 主宰 鈴木富佐江