お見積もりの例

悉皆(着物クリーニング)についてのお見積もりの実例

代表的なお見積もり例

襟元の汚れやシミがついてしまった代表的なお見積もり例をご紹介します。

彩美工房へクリーニングをご依頼になるお客様の着物の状態は千差万別です。

ここでは、比較的ご相談の多い「襟元の汚れ」と「シミ」についてのご相談について、実際にご依頼いただいたお客様のお見積もりの例を再現いたしました。

彩美工房の悉皆クリーニングのお見積もりの例
無地の青の着物のご依頼でした:シミなどの状態から、「洗い」と「シミ抜き」が必要と判断しました(スマホの方は、画面を広げてご覧ください)

お客様からの評価

このお見積書をお渡ししたお客様は「とても大切な着物でしたが、出かけた会食で、シミをつけてしまいました。どうしても汚れを取りたい」と、すぐにご依頼いただきました。

「帰ってきた着物をみて、シミや汚れが取れていたのもそうなのですが、購入した当時のように、とっても綺麗な状態になって戻ってきてくれて本当に嬉しかったです」と、私たちまで嬉しくなるようなコメントをいただきました。

着物が汚れるのは、着物を身につけているからこそ当たり前のことなのです。

彩美工房が皆様にお話をしたいのは、ついた汚れを私たちに見せていただくことで、元の通り回復させることができる、ということなのです。

時間が経過していても、悉皆を行うことが可能です。諦める前にお気軽にご連絡ください。